デブなのに貧乳から脱出するためのダイエットのコツの記事一覧

お腹まわりのお肉を落としたいといのは、男女問わず切実な悩みです。

特にデブなのに貧乳で悩んでいる女性にとっては、
お腹周りのお肉が無くなるだけで、見た目が変わってきます。

女性の場合、胃腸や子宮、
卵巣などといった大切な臓器が詰まっている部分なのに、
骨がないため、これらの臓器を守るものが無いという状態です。

そのために、女性の体は脂肪でそれらを守ろうとして
お腹まわりにお肉がついてしまうんです。

実は、このような理由から、
ある程度のお腹の脂肪は体の自然な自己防御といえるんです。

でも、
明らかにポッコリしすぎているのは嫌ですよね。

そこで効率的に、
お腹まわりのお肉を落とすためのコツをご紹介します。

■お腹のお肉を落とすには原因を考えることが大切!

お腹まわりのお肉を落とすには、
まず脂肪のついた理由を考えてみましょう。

単純に皮下脂肪がつきすぎている場合は、
有酸素運動をおこなって脂肪を燃焼させるのが効果的です。

特にウォーキングやエアロビクス、水泳などがおすすめです。

目立って下腹がポッコリしている場合は、
実は便秘の可能性もあります。

頑固な便秘に苦しんでいる人は、
食物繊維のほか、酵素をたっぷり摂取しましょう。

一時期ブームとなった「朝バナナダイエット」は、
お通じを良くする効果がありますからおすすめですよ。

それと骨盤がゆるんでいても、
お腹まわりにお肉が乗りやすくなります。

骨盤を引き締めるストレッチや、
整体・エステなどで矯正を受けるのも1つの方法です。

 ■冷えはお腹のお肉を落とすのに大敵!

女性は冷えやすいのですが、
特に下腹部は冷えが起こりやすい場所です。

自分は冷えないと思っていても、
おへそから下に手をあててみるとひんやりすることはよくあります。

冷えているということは、結構が悪くなっているということですから、
脂肪も燃焼しにくくなるし、セルライトがつきやすくなって
ますます痩せにくくなっていきます。

最近は冬でも、お腹や脚を冷やすようなファッションをしている女性が多いですが、
女性は特に子宮まわりはしっかり温めることが大切です。

冷えは脂肪をつきやすくするだけではなく、
不妊症の一因にもなります。

例え夏であってもシャワーだけで済ますのはよくありません。

半身浴などでしっかり下半身を温めましょう。

それと、
体を締めつけすぎる下着も、血行を悪くすることから冷えの原因になります。

また余分な水分がたまっているために、
むくみから下腹部がふくらんでいる人もいます。

そんな場合は、
リンパマッサージで老廃物を流すのも効果的です。

自分でもできますが、お腹まわりのリンパは複雑ですから、
専門のリンパドレナージュなどを利用するのがおすすめです。

と言っても、自己流で痩せながらバストアップをして
デブなのに貧乳という体型から脱出するのは難しいですよね。

確実に、そんなデブ貧乳から脱出するために
痩せながらバストアップできるダイエットなら
こちらがオススメです!!

>> 松井薫監修 1回5秒“ひねるだけ”ダイエット
    「スクイーズダイエットDVD」

デブなのに貧乳から脱出するためのダイエットのコツ

脱毛の事後処理